やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

≫ EDIT

Wiiのバーチャルコンソールで出ていたけど、Wii Uのバーチャルコンソールに出ていないソフトまとめ

※ 10月7日追記:スーファミの『シムシティー』は既にWiiでも配信終了になっていました。マスターシステム版『ソニック・ザ・ヘッジボッグ』、メガドライブ版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』は既にWiiでも配信終了になっていました。
※ 10月7日追記:ネオジオの『痛快GANGAN行進曲』『ティンクルスタースプライツ』『ニンジャコンバット』 『ニンジャコマンドー』 『NINJA MASTER'S ~覇王忍法帖~』はゲームアーカイブスで遊べる『ADK魂』に収録、『風雲黙示録~格闘創世~』 『風雲スーパータッグバトル』もゲームアーカイブスで遊べる『風雲スーパーコンボ』に収録されていました
※ 10月18日追記:ファミコン版の『ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女(前後編)』はWii Uで配信されていなかったので、リストに加えました。


 いつかは来ると覚悟していましたが、とうとうこの日が来ました。

 「Wiiショッピングチャンネル」終了のお知らせ

 2006年の年末から始まった「Wiiショッピングチャンネル」の終了です。
 ソフトの購入は2019年の1月31日を持って出来なくなるということですが、ソフトを購入するための金額チャージが2018年3月27日で終了するということなので、「とりあえずありったけ金額をチャージしておいて何を買うかは後から考えるぜ!」みたいな豪快な人でなければ2018年3月27日までに購入したいソフトがある人はさっさと買っておいた方がイイと思われます。

 Wii本体から購入できなくなるのはもちろん、Wii UでWiiのソフトを購入する場合も(Wiiソフトのダウンロード版を除けば)「Wiiモード」内の「Wiiショッピングチャンネル」を使っているのですから、Wii Uからも「Wiiウェア」や「Wiiのバーチャルコンソールのソフト」は購入できなくなります。つまり、今後いかなる機種からも「Wiiウェア」や「Wiiのバーチャルコンソールのソフト」は購入できなくなるということなんですね。




 しかし、恐らく皆さんが気になるのは、「これで購入できなくなるソフトには何があるのか?」ということだろうと思われます。Wiiウェアのソフトはほとんどが「Wiiでしか買えない」ものなので今後一切購入できなくなるのですが、バーチャルコンソールのソフトの場合は「Wii以外でも買える」ものもあります。
 例えば、ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』がWiiで買えなくなったとしても、3DSのバーチャルコンソールでもWii Uのバーチャルコンソールでも買えますし、ミニファミコンにも収録されています。遊ぼうと思ったら遊ぶ手段がたくさんあるんですね。
 対照的に、スーパーファミコンの『アクトレイザー』というソフトはWiiのバーチャルコンソールでは販売されていましたが、Wii UのバーチャルコンソールにもNew3DSのバーチャルコンソールにも出ていませんし、ミニスーファミにも収録されていません。ダウンロード購入できる手段がなくなるので、購入しないまま「Wiiショッピングチャンネル」が終了してしまうと、今後プレイしたくなったらスーファミのROMカセットを入手してスーファミ実機か互換機を使って遊ぶしかなくなるのです。


 なので、今回の「Wiiショッピングチャンネル」終了でダウンロード購入できなくなってしまうバーチャルコンソールのソフトをまとめてみました。
 どういう形でまとめるかは少し悩んだのですが、Wiiの後継機はWii Uだろうと思ったので、「Wiiのバーチャルコンソール」で出ていた全ソフトの中から「Wii Uのバーチャルコンソール」では出なかったソフトを抽出してリスト化しました。その上で、Wii U以外の機種―――3DSのバーチャルコンソールだったり、PS3・PSP・PS Vitaのゲームアーカイブスだったり、PS4のアーケードアーカイブスだったり、プロジェクトEGGだったりで遊べるものは、赤字で補足するというカンジにしました。
 スマホ版が出ているソフトは一部記述しているものもあるのですが、「キリがない」のと「人知れず配信終了しているソフトのチェックにものすごい時間がかかる」ため途中からやめました。配信開始はWikipediaに載ってても配信終了は載ってなかったりするから……パッケージソフトでの再発売も原則として表記していません。それがありだと、元のソフトを買って互換機でプレイすればええやんって話になりかねないので。

 データは2017年10月5日現在のものです。
 それ以降に新たなところで配信開始されたり、逆に配信終了したりするソフトもあるだろうと思いますが、そういったものを追記していく余裕はありません。

 それと、今回の「Wiiショッピングチャンネル」終了以前から配信終了しているソフトはリストに入れていません。「今から急いでWiiで買っておかなければならないバーチャルコンソールのソフト」が何かをみなさんが探しやすくなるために書いている記事ですからね。

 ソフトの順番・メーカーの順番は基本的に五十音順ですが、ハードメーカーは例外的に最初に載せています。またシリーズものはなるべく発売順に並び替えたつもりです。途中でそうしようと考えたので、忘れたところがあったらゴメンなさい。

 メーカーは「元の発売元」でも「現在の版権所有会社」でもなく、「Wiiのバーチャルコンソールソフトの配信元になっていた会社」です。大量のソフトをリスト化する作業のため、そうせざるを得なかったことは御容赦ください。



【ファミリーコンピュータ】
<任天堂>
『ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女(前後編)』 3DSでは出ている

<アークシステムワークス>
『探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件』
『探偵 神宮寺三郎 横浜港連続殺人事件』
『探偵 神宮寺三郎 危険な二人(前後編)』
『探偵 神宮寺三郎 時の過ぎゆくままに…』
※4作品が収録されたPS版がゲームアーカイブスで遊べる

<エンターブレイン>
『ボコスカウォーズ』
『メタルマックス』 3DSでは配信されている

<KONAMI>
『グラディウスII』 ※原作のアーケード版はPS4のアケアカで遊べる

<Gモード>
『バーガータイム』 ※ゲームボーイ版は3DSで遊べる

<ジャレコ>
『忍者くん 魔城の冒険』※アーケード版はPS4のアーケードアーカイブスで遊べる
『忍者くん 阿修羅ノ章』※アーケード版はPS4のアーケードアーカイブスで遊べる

<タイトー>
『たけしの挑戦状』 ※リメイク版ならスマホで遊べる
『Chack'n Pop』 3DSでは配信されている

<タカラトミー>
『ZOIDS黙示録』
『トランスフォーマー コンボイの謎』

<ハドソン>
『スターソルジャー』 3DSでは配信されている
『高橋名人の冒険島II』 ※3DSではファミコン版ゲームボーイ版が遊べる
『チャレンジャー』 3DSでは配信されている
『バイナリィランド』 3DSでは配信されている
『ファザナドゥ』
『迷宮組曲 ミロンの大冒険』 3DSでは配信されている

<バンダイナムコゲームス>
『SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ』 3DSでは配信されている
『SDガンダムワールド ガチャポン戦士2 カプセル戦記』

<ネットファーム・コミュニケーションズ>
『ヴォルガードII』
『フラッピー』

<ポニーキャニオン>
『ZANAC』 プロジェクトEGGで配信中、移植作を含めたPS版がゲームアーカイブスでも遊べる
『Lunar Ball』


 「Wiiで出ていたバーチャルコンソールのソフト」と「Wii Uで出ていたバーチャルコンソールのソフト」を見比べると、Wiiの頃は旧作のダウンロード配信がちょっとしたお祭り感覚だったというか、いろんな会社がアレもコレも配信しようと様々なソフトを出していたことが分かります。
 『たけしの挑戦状』、『コンボイの謎』、『ガチャポン戦士』といった版権モノもあって、現在は既に配信終了していますが『激亀忍者伝』なんかもありました。

 意外なのは、ハドソンのゲーム達。
 ハドソンのゲームの版権は現在KONAMIにあって、KONAMIは「Wii Uのバーチャルコンソール」に積極的に配信をしていたのでハドソンのゲームも多く配信されているのですが……その中でも幾つかのタイトルは「3DSのバーチャルコンソールには出したけど、Wii Uでは出なかった」んですね。3DSじゃなくて据置ゲーム機で遊びたいという人は気を付けてください。

 他機種でも全く出ていないソフトで言えば、『ファザナドゥ』『カプセル戦記』辺りが注目作品でしょうか。アーケード版とは内容がちがうファミコン版『グラディウスII』、リメイク版よりもファミコン版の方がイイやという人には『たけしの挑戦状』あたりも貴重な作品かも知れませんね。




【スーパーファミコン】
<任天堂>
『シムシティー』
※ 2017年9月17日に配信終了になっていました

<アトラス>
『旧約・女神転生 女神転生I・II』

<エンターブレイン>
『メタルマックス2』
『メタルマックスリターンズ』

<Gモード>
『マジカルドロップ』 ※PS版がゲームアーカイブスで遊べます

<スクウェア・エニックス>
『アクトレイザー』
『クロノ・トリガー』 ※PS移植版がゲームアーカイブスで遊べる、スマホ・携帯電話版
『トレジャーハンターG』
『フロントミッションシリーズ ガンハザード』

<KONAMI>
『グラディウスIII』

<チュンソフト>
『不思議のダンジョン2 風来のシレン』

<ハドソン>
『高橋名人の大冒険島』
『高橋名人の大冒険島II』
『超原人』
『デア ラングリッサー』 プロジェクトEGGで遊べるほか、『I』とセットになった版がゲームアーカイブスで遊べる
『ドレミファンタジー ミロンのドキドキ大冒険』

<UBIソフト>
『Prince of Persia』スマホで出ているのはリメイク版?


 有名作品がズラリと並ぶスーファミラインナップです。

 まずはスクエニから。
 スクウェア・エニックスは比較的「Wii Uのバーチャルコンソール」に積極的だった会社なんですが、4作品が未配信のままです。特に『クロノトリガー』は、PS版やスマホ版(DS版がベース)などは現在でもダウンロード購入できますが、スーファミの時代を象徴する1本だったので任天堂機での配信が終わるのはショックな人も多いんじゃないでしょうか。

 アトラスからはファミコン時代の『女神転生』の1作目・2作目をリメイクした作品、メタルマックスシリーズの版権を引き継いだエンターブレインからは1作目のリメイクと2作目が配信されていましたが……これらも配信終了してしまいます。KONAMIの『グラディウスIII』もアーケード版含めて現在では他でダウンロード販売されていないソフトなので、これも大きいですね。

 そして、何より『風来のシレン』も配信終了。
 「Wiiのバーチャルコンソール」で出て「Wii Uのバーチャルコンソール」に出なかった理由に、Wii Uだと「まるごとバックアップ」が出来てしまうからという説がありましたが……他機種でも配信されていないソフトなので、このソフトの配信終了はかなりショッキングな情報じゃないでしょうか。



【NINTENDO64】
<任天堂>
『ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』

<ハドソン>
『ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!』


 任天堂は「Wiiで出していたバーチャルコンソールのソフト」はWii Uでも出す方針でしたが、権利関係が難しいソフトはどうしようもなく……既にWiiでも配信が終了してしまっているファミコンの『ヨッシーのクッキー』、スーファミの『シムシティー』、64の『スマブラ』はWii Uでは出すことが出来ませんでした。

 『ボンバーマンヒーロー』は「Wiiのバーチャルコンソールソフト」では唯一の64サードタイトルです。「Wii Uのバーチャルコンソールソフト」での64サードタイトルは『爆BOMBERMAN』と『牧場物語2』の2本です。テストには出ませんから、覚えておかなくてもいいですよ。



【MSX】
<KONAMI>
『メタルギア』
『メタルギア2 ソリッドスネーク』


 バーチャルコンソールに詳しくない人は、ひょっとしたら「MSXからは2本かー。そもそも碌にMSXタイトルは出ていなかったもんな」なんて思ってしまうかも知れませんが……「Wiiのバーチャルコンソール」で出たMSXのソフトは15本、「Wii Uのバーチャルコンソール」で出たMSXのソフトは23本です。結構出ているんですよ。
 既にWiiでも配信が終了している『ALESTE』『EGGY』と、この『メタルギア』2本を除けば、KONAMIがすべて「Wii Uのバーチャルコンソール」に出してくれているんです。更に「Wiiでは出なかったバーチャルコンソール」も出しているので、バーチャルコンソール含めるとひょっとしたらWii Uで一番ソフト出しているサードメーカーはKONAMIじゃなかろうか。

 『メタルギア』『メタルギア2』は、『メタルギア ソリッド HD エディション』などには収録されているそうですが。単品ダウンロード販売は他ではしていないみたいですね。



【マスターシステム】
※ セガ・マークIII・ゲームギア用ソフトも含む
<セガ>
『阿修羅』
『アレックスキッドのミラクルワールド』PS3と、他作品とのセット販売だけどXbox360で購入して遊べる
『アレックスキッド ザ・ロストスターズ』
『エンデューロレーサー』
『スーパーワンダーボーイ』 ※アーケード版がPS4アケアカで遊べる
『スーパーワンダーボーイ モンスターワールド』 ※アーケード版がPS3と、他作品とのセット販売だけどXbox360で購入して遊べる
『スペースハリアー』 ※3DSでアーケード版の「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、ゲームアーカイブスで配信されているソフトに収録されている
『ソニック・ザ・ヘッジボッグ《マスターシステム版》』 ※3DSでゲームギア版が遊べる
※ 2015年10月30日に配信終了になっていました
『ソニック・ザ・ヘッジボッグ2《マスターシステム版》』 ※3DSでゲームギア版が遊べる
『SONIC CHAOS《マスターシステム版ソニック&テイルス》』
『北斗の拳』
『ファンタシースター』 ※4作目までを収録した版がゲームアーカイブスで配信されている
『ファンタジーゾーン』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、ゲームアーカイブスのコンプリートコレクションに収録
『ファンタジーゾーンII オパオパの涙』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、ゲームアーカイブスのコンプリートコレクションに収録


 ここからがセガのターンだ!
 「Wii Uのバーチャルコンソール」にはセガハードは参戦しなかったため、マスターシステム(マークIII、ゲームギア)とメガドライブのバーチャルコンソールのソフトはすべてWii Uでは買えません。なので、リストは膨大な量になってしまうのですが……表記がグッチャグチャなのを見てもらえれば分かるように、この時代のセガの名作は「3DSの復刻プロジェクト」や「PS2のコレクションをゲームアーカイブス化したもの」などで他機種でもダウンロード購入できるものが多いのです。

 その中で、他機種では購入できないものを見ると……やはり注目は『北斗の拳』ですかね。バーチャルコンソール初の版権ソフトだったはず。



【メガドライブ】
<セガ>
『アレックスキッド 天空魔城』
『ESWAT:サイバーポリス イースワット』
『ヴァーミリオン』 ※海外版だけどSteamで出ている
『エイリアンストーム』
『エイリアンソルジャー』 ※トレジャー3作品のセットがゲームアーカイブスで遊べる
『エコー・ザ・ドルフィン』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てる
『エコー・ザ・ドルフィン2』
『エコーJr.』
『エターナルチャンピオンズ』
『カメレオンキッド』
『ガンスターヒーローズ』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、トレジャー3作品のセットがゲームアーカイブスで遊べるだけでなく、Xbox 360Steamでも配信されている
『ギャラクシーフォースII』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、PS2移植版がゲームアーカイブスで遊べる
『クライング 亜生命戦争』
『クラックダウン』 ※海外版だけどSteamで出ている
『ゲイングランド』 ※海外版だけどSteamで出ている
『ゴールデンアックス』 ※アーケード版の移植がPS3で遊べるほか、3作目までセット版がXbox360で遊べる
『ゴールデンアックスII』 ※アーケード版が3作目までセットでXbox360で遊べる
『ゴールデンアックスIII』 ※アーケード版が3作目までセットでXbox360で遊べる
『コミックスゾーン』※ セガビンテージゾーンにてPS3で遊べる
『コラムス』 ※3DSの『セガ3D復刻アーカイブス3』に収録されている
『コラムスIII 対決!コラムスワールド』
『ザ・スーパー忍』PS3と、他作品とのセット販売だけどXbox360で購入して遊べる
『ザ・スーパー忍II』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、海外版だけどSteamでも出ている
『シャイニング&ザ・ダクネス』 ※海外版だけどSteamで出ている
『シャイニング・フォース 神々の遺産』※ GBAリメイク版はWii Uで配信されている
『シャイニング・フォースII 古えの封印』 ※海外版だけどSteamで出ている
『シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ』
『獣王記』 ※3DSでメガドラ版ベースの「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、アーケード版はPS3Xbox360で遊べる
『重装機兵レイノス』 プロジェクトEGGで配信中、PS4のリメイク版もある
『スーパーサンダーブレード』 ※アーケード版の移植が3D復刻プロジェクトで遊べる
『スーパーファンタジーゾーン』ゲームアーカイブスのコンプリートコレクションに収録
『ストーリー・オブ・トア 光を継ぐ者』
『ストライダー飛竜』 ※『II』とセットのPS版がゲームアーカイブスで遊べる
『スペースハリアーII』ゲームアーカイブスで配信されているソフトに収録されている
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、PS3Xbox360でも遊べる
※ 2015年10月30日に配信終了になっていました
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、PS3Xbox360でも遊べる
※ 2015年10月30日に配信終了になっていました
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』 Xbox360で遊べる
『ソニック&ナックルズ』
『ソニック・スピンボール』
『ソニック3Dブラスト』
『ダイナブラザーズ』
『ダイナブラザーズ2スペシャル』
『ダイナマイトヘッディー』 ※トレジャー3作品のセットがゲームアーカイブスで遊べる
『タントアール』
『イチダントアール』
※『ボナンザブラザーズ』と合わせて3作リメイクされたPS2版がゲームアーカイブスで遊べる
『チェルノブ』
『トージャム&アール』 ※『2』とのセットがXbox360で遊べる
『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』 ※プロジェクトEGGでPC-8801版PC-9801版MSX版が遊べる
『ドラゴンスレイヤー英雄伝説II』 ※プロジェクトEGGでPC-9801版が遊べる
『バーチャファイター2《ジェネシス版》』 ※海外版だけどSteam版も出ている
『パーティークイズ MEGA Q』
『ハイブリッド・フロント』
『バハムート戦記』
『パルスマン』
『ファンタシースターII 還らざる時の終わりに』
『時の継承者 ファンタシースターIII』
『ファンタシースター 千年紀の終りに』
※シリーズ4作を収録した版がゲームアーカイブスで配信されている
『ぷよぷよ』
『ぷよぷよ通』 ※ 3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てる(内容はアーケード版)
『ベアナックル 怒りの鉄拳』 ※ 3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てる
『ベアナックルII 死闘への鎮魂歌』 ※ 3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てる
『ベア・ナックルIII』
※3作セットになったものがXbox360で遊べる
『ベクターマン』
『ぺぺんがペンゴ』
『北斗の拳 新世紀末救世主伝説』
『ボナンザブラザーズ』 ※『タントアール』『イチダントアール』と合わせて3作リメイクされたPS2版がゲームアーカイブスで遊べる
『ライトクルセイダー』
『ランドストーカー ~皇帝の財宝~』 ※海外版だけどSteamでも出ている
『リスター・ザ・シューティングスター』
『レンタヒーロー』
『ワンダーボーイIII モンスターレア』 ※海外だけどSteamで配信中
『ワンダーボーイV モンスターワールドIII』 PS3では単品ダウンロード可能
『モンスターワールドIV』 PS3では単品ダウンロード可能
※ 『ワンダーボーイ モンスターランド』『ワンダーボーイV モンスターワールドIII』『モンスターワールドIV』の3本セットがXbox360で遊べる

<Interplay>
『アースワームジム』 ※HDリメイク版がPS3Xbox360で遊べる
『アースワームジム2』

<カプコン>
『ストリートファイターIIダッシュプラス CHAMPION EDITION』 ※スーファミ版はWii Uで配信されている
『スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ』 ※スーファミ版はWii Uで配信されている
『戦場の狼II』
『大魔界村』 ※PCエンジン版ならゲームアーカイブス版が出ている
『フォゴットンワールズ』

<naxat soft>
『武者アレスタ』

<日本コンピュータシステム>
『グレイランサー』 プロジェクトEGGで遊べる
『ジノーグ』 プロジェクトEGGで遊べる
『ラングリッサー』 ※PCエンジン版がWii Uでも遊べるほか、メガドライブ版もプロジェクトEGGで遊べる
『ラングリッサーII』 ※『I』と『IIのリメイク』がセットになったPS版がゲームアーカイブスで遊べるほか、メガドライブ版の単品もプロジェクトEGGで遊べる

<日本ファルコム>
『ソーサリアン』
『ロードモナーク とことん戦闘伝説』

<バンダイナムコゲームス>
『スプラッターハウス PARTII』
『フェリオス』
『レッスルボール』
『ローリングサンダー2』 Switch版『ナムコミュージアム』にも収録(恐らくアーケード版の移植)


 死ぬかと思った……
 こんなに大変なリストを作り始めたことを後悔するくらいに大変でした。

 リストを作る側からすると溜まったものじゃありませんが、Wii向けに大量に配信されていたメガドライブのバーチャルコンソールのソフトは(有名どころは特に)他機種でも遊ぼうと思えば遊べるものが多いんですね。RPGとかを、日本語対応していないSteam版で遊ぶのは大変かも知れませんが!

 どっちかというとサードメーカーのソフトの方が厄介で……例えば日本ファルコムの2本なんかは、PC版はプロジェクトEGGで配信されているんですが、メガドライブ版は全然別物らしいのでメガドライブ版を遊びたいって人は今後ダウンロード購入できなくなってしまうんですね。
 カプコン勢もそうか。『ストII』シリーズはスーファミ版ならそこらで遊べますが、敢えてメガドライブ版を遊びたいとなると難しくなるという。

 セガのゲームでも、ドリキャスでリメイクもされた『レンタヒーロー』、ゲームフリーク開発の『パルスマン』辺りが配信終了になるのは惜しいところ。衝撃の問題作『チェルノブ』なんかも、もう二度とダウンロード販売されないかもと思うと要注意かも。




【PCエンジン】
<ハドソン>
『R-TYPE I』
『R-TYPE II』
※『I』『II』セットの海外版が3DSWii Uで出てるほか、リメイク版がPS3Xbox360で遊べる
『あっぱれ!ゲートボール』
『アドベンチャーアイランド』 ※原作(?)の『モンスターワールドII ドラゴンの罠』のリメイク版が『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』というタイトルでPS4SwitchSteam、海外ではXboxOneでも遊べる
『エルディス』
『クレスト オブ ウルフ』
・『ゲート・オブ・サンダー』 ゲームアーカイブス版が出ている
『CD電人 ロカビリー天国』
『シムアース』
・『スターパロジャー』
『戦国麻雀』 ゲームアーカイブス版が出ている
『ダンジョンエクスプローラーII』 ゲームアーカイブス版が出ている
・『超英雄伝説ダイナスティックヒーロー』 ※原作(?)の『ワンダーボーイV モンスターワールドIII』はPS3で単品ダウンロードが可能なほか、Xbox360で他作品とセット版がダウンロード可能
『ネクタリス』 ※PS版ならゲームアーカイブス版が出ている
『ネオ・ネクタリス』
『パワーイレブン』
『パワーテニス』
『パワーリーグ4』 ゲームアーカイブス版が出ている
『ブラッドギア』
『ワンダーボーイIII モンスター・レアー』 ※海外だけどSteamで多分メガドライブ版が配信中

<アートディンク>
・『アトラス』
・『栄冠は君に 高校野球全国大会』
・『A列車で行こうIII』

<カプコン>
・『ストリートファイターII ダッシュ CHAMPION EDITION』
・『大魔界村』 ゲームアーカイブス版が出ている
・『ファイティング・ストリート』

<KONAMI>
『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』
・『グラディウスII -GOFERの野望-』 ゲームアーカイブス版が出ているほか、アーケード版がPS4アケアカで遊べる
『マーシャルチャンピオン』

<サンソフト>
『アウトライブ』プロジェクトEGGで配信中
・『弁慶外伝』 ゲームアーカイブス版が出ている

<スパイク>
・『ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ』
・『ファイヤープロレスリング2nd BOUT』
・『ファイヤープロレスリング3 レジェンドバウト』

<タイトー>
・『ヴォルフィード』
・『S.C.I.』
・『カダッシュ』
・『奇々怪界』 ※アーケード版がPS4アケアカで遊べる
・『地獄めぐり』
・『スペースインベーダーズ 復活の日』
・『スペースインベーダーズ ジ・オリジナルゲーム』 ※スーファミ版はWii Uでも遊べる
・『タイトーチェイスH.Q.』
・『スーパーダライアス』 ※アーケード版『ダライアス』がPS4アケアカで遊べる
・『ダライアスプラス』 ※アーケード版『ダライアス』がPS4アケアカで遊べる
・『スーパーダライアス2』
・『チャンピオンレスラー』
・『ニュージーランドストーリー』
・『ニンジャウォーリアーズ』 ※アーケード版がPS4アケアカで遊べる
・『パラソルスター』
・『ミズバク大冒険アドベンチャー』
・『ラスタンサーガ2』

<テクモ>
・『忍者龍剣伝』 ※ファミコン版は3DSWii Uで遊べる

<naxat soft>
・『サイコチェイサー』
・『精霊戦士スプリガン』
・『スプリガンmark2』
・『熱血高校ドッジボール部 PC番外編』
・『熱血高校ドッジボール部 CDサッカー編』
・『パラノイア』

<ナツメ>
・『デッドムーン』

<日本ファルコム>
・『イースI・II』 ゲームアーカイブス版が出ている
・『風の伝説ザナドゥ』プロジェクトEGGで配信中
・『風の伝説ザナドゥII』プロジェクトEGGで配信中
・『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』 ※プロジェクトEGGでPC-8801版PC-9801版MSX版が遊べる

<バンダイナムコゲームス>
・『オーダイン』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.4』がゲームアーカイブスで遊べる(恐らくアーケード版の移植)
・『ギャラガ'88』 ゲームアーカイブス版が出ているほか、Switch版『ナムコミュージアム』にも収録(恐らくアーケード版の移植)
・『源平討魔伝』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.4』がゲームアーカイブスで遊べる(恐らくアーケード版の移植)
・『源平討魔伝 巻ノ弐』
・『スプラッターハウス』 ゲームアーカイブス版が出ているほか、Switch版『ナムコミュージアム』にも収録(恐らくアーケード版の移植)
・『超絶倫人ベラボーマン』
・『ドラゴンスピリット』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL5』がゲームアーカイブスで遊べるほか、PS3の『ナムコミュージアム.comm』にも収録されている(恐らくアーケード版の移植)
・『ドラゴンセイバー』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムアンコール』がゲームアーカイブスで遊べる(恐らくアーケード版の移植)
・『ファイナルブラスター』
・『ワルキューレの伝説』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL5』がゲームアーカイブスで遊べる(恐らくアーケード版の移植)
・『ワンダーモモ』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムアンコール』がゲームアーカイブスで遊べる(恐らくアーケード版の移植)

<マーベラスエンターテイメント>
・『川のぬし釣り 自然派』


 死ぬかと思った……(2度目)
 PCエンジンのバーチャルコンソールはWii Uにも来ていて、特にKONAMIがハドソンのゲームをかたっぱしから配信してくれたのですが……それ以外のメーカーはそれほど追随せず、KONAMI&ハドソンのソフトでも抜けているものはそこそこありました。その全部というワケではありませんが、「Wii Uのバーチャルコンソールのソフト」で配信されなかったソフトで多いのはCD-ROM媒体のソフトです。

 把握できただけで……『エルディス』『ゲート オブ サンダー』『CD電人 ロカビリー天国』『シムアース』『スターパロジャー』『ダンジョンエクスプローラーII』『ネオ・ネクタリス』『ブラッドギア』『ワンダーボーイIII モンスター・レアー』『ファイティング・ストリート』『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』『グラディウスII -GOFERの野望-』『マーシャルチャンピオン』『スーパーダライアス』『スーパーダライアス2』『スペースインベーダーズ ジ・オリジナルゲーム』『精霊戦士スプリガン』『スプリガンmark2』『熱血高校ドッジボール部 CDサッカー編』『イースI・II』『風の伝説ザナドゥ』『風の伝説ザナドゥII』『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』『川のぬし釣り 自然派』は、CD-ROM媒体のソフトです。

 それの何が厄介かって言うと……
 例えばレトロフリークのような互換機でもPCエンジンのCD-ROM媒体のソフトには対応していないため、実機を壊さずに持っているような人でなければ、もう二度と遊ぶ機会がなくなってしまう可能性が高いんですね。『イースI・II』とか『グラディウスII -GOFERの野望-』はみたいな超人気作は他機種でもカバーできますが、そうでないソフトは要注意です。

 『ファイティング・ストリート』(初代ストリートファイターの移植作)や『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』のような有名作も配信終了になってしまうのは惜しいですね。




【NEOGEO】
<D4エンタープライズ>
『ASOII ~ラストガーディアン~』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『餓狼伝説 ~宿命の闘い~』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『餓狼伝説2 新たなる闘い』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『餓狼伝説スペシャル』Xbox360版も出ているほか、アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『餓狼伝説3 遥かなる闘い』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『リアルバウト餓狼伝説』 ※PS版がゲームアーカイブスで遊べる
『リアルバウト餓狼伝説スペシャル』 ※PSアレンジ移植版がゲームアーカイブスで遊べる
『リアルバウト餓狼伝説2 THE NEWCOMERS』
※『リアルバウト』3作品を収録したPS2版がゲームアーカイブスで遊べる
『ギャラクシーファイト』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『キング・オブ・ザ・モンスターズ』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『キング・オブ・ザ・モンスターズ2』
『クロスソード』
『ザ・キング・オブ・ファイターズ'94』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『ザ・キング・オブ・ファイターズ'95』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『ザ・キング・オブ・ファイターズ'96』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『ザ・キング・オブ・ファイターズ'97』
『ザ・キング・オブ・ファイターズ'98』 ※アケアカ版がSwitchで遊べるほか、Steam版もある
『ザ・キング・オブ・ファイターズ'99』 ※アケアカ版がSwitchで遊べる
『ザ・スーパースパイ』
『サッカーブロール』
『サムライスピリッツ』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『真サムライスピリッツ』Xbox360で遊べるほか、アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣』
『サムライスピリッツ 天草降臨』 ※アケアカ版がSwitchで遊べる
『ジョイジョイキッド』 ※ アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『ショックトルーパーズ』 ※アケアカ版がSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中な上、海外版だけどSteamで配信中
『ショックトルーパーズ セカンドスカッド』 ※アケアカ版がSwitchで遊べるほか、Steamでも配信中
『神凰拳』プロジェクトEGGで配信中
『ステークスウィナー』 プロジェクトEGGで配信中
『ステークスウィナー2』
『戦国伝承』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『戦国伝承2』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『戦国伝承2001』
『ダンクドリーム』プロジェクトEGGで配信中
『超鉄ブリキンガー』 プロジェクトEGGで配信中
『痛快GANGAN行進曲』 ※この作品を収録した『ADK魂』がゲームアーカイブスで遊べる
『ティンクルスタースプライツ』 ※この作品を収録した『ADK魂』がゲームアーカイブスで遊べるほか、海外版だけどSteamで配信中
『得点王 炎のリベロ』
『トップハンター』
『NAM-1975』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『2020年スーパーベースボール』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『ニンジャコンバット』 ※この作品を収録した『ADK魂』がゲームアーカイブスで遊べる
『ニンジャコマンドー』 ※この作品を収録した『ADK魂』がゲームアーカイブスで遊べる
『NINJA MASTER'S ~覇王忍法帖~』 ※この作品を収録した『ADK魂』がゲームアーカイブスで遊べる
『バーニングファイト』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『幕末浪漫 月華の剣士』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べるほか、Steam版もあり、PS移植版がゲームアーカイブスで遊べる
『幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~』 PS4・Vitaで遊べる
『パルスター』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『ビッグトーナメントゴルフ』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『ファイヤースープレックス』
『ファイターズヒストリーダイナマイト』 プロジェクトEGGで配信中
『風雲黙示録~格闘創世~』 ※この作品を収録した『風雲スーパーコンボ』がゲームアーカイブスで遊べる
『風雲スーパータッグバトル』 ※この作品を収録した『風雲スーパーコンボ』がゲームアーカイブスで遊べる
『ブレイジングスター』 ※アケアカ版がSwitchで遊べる
『ベースボールスターズ2』 ※海外版だけどSteamで配信中
『マジカルドロップ2』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『マジカルドロップIII』 プロジェクトEGGで配信中
『マジシャンロード』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『ミラクルアドベンチャー』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『メタルスラッグ』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGSteamで配信中
『メタルスラッグ2』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、海外版だけどSteamで配信中
『メタルスラッグX』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べるほか、Steamで配信中
『メタルスラッグ3』 ※アケアカ版がSwitchで遊べるほか、Xbox360Steamでも配信中、PS2版はゲームアーカイブスにもなっている
『メタルスラッグ4』
『ラギ』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『ラストリゾート』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『リーグボウリング』
『龍虎の拳』 ※アケアカ版がPS4XboxOneSwitchで遊べる
『龍虎の拳2』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『アート・オブ・ファイティング 龍虎の拳外伝』
『ワールドヒーローズ』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中
『ワールドヒーローズ2』 ※アケアカ版がPS4XboxOneで遊べる
『ワールドヒーローズ2 JET』
『ワールドヒーローズパーフェクト』 ※アケアカ版がSwitchで遊べる
『わくわく7』 ※アケアカ版がSwitchで遊べるほか、プロジェクトEGGで配信中


 死んだ(3度目の正直)。
 恐らく私は既に死んでいて、しかし「この記事を書き上げなければならない」という強い使命感だけで現世に留まり続けていて、きっとこの記事を書き上げた後に地獄に堕ちるのだろうな……というくらいに大変でした。だから、この記事に対して批判してくるような人は死人に鞭打つ行為だし、あの世から呪ってやるからな!覚悟しとけよ!!

 見ての通り、ネオジオタイトルの多くは現在進行形でハムスターが「アケアカNEOGEO」という形で現行機に積極的に移植をしています。恐らくこの記事を書いた後もどんどん追加されることでしょう。しかし、来週以降に増えていくラインナップをこのリストに加えることはできません。私、もうこの世にいませんから。
 今更ですが、「○○で配信中」と書いたものも、気になったものは一応実機で買えるかどうかチェックしておいた方がイイと思います。配信が終了したことがソフトのページには書かれていないものもあるみたいで、それに気付かずにPS3・PSPのネオジオステーションで配信されたソフトを全部記述したら「実はネオジオステーションはとっくに終わってた」と後から知って全削除ですよ。「このソフトは配信終了しました」くらい書いておいてくれや……


 今後もラインナップが増えるであろうアケアカNEOGEOと、プロジェクトEGGと、Steamのおかげで多くのソフトがまだまだ購入できるネオジオソフトなのですが……こう見ると「Wiiのバーチャルコンソールでこんなにたくさん出ていたんだ」と思いますねぇ。
 「Wiiのバーチャルコンソール」って当時は「アレが出ていない」「コレが出ていない」と叩かれてばっかで、「○○を出してくれてありがとう!」なんてほとんど言われていなかったと思うんですけど、いろんなメーカーが多種多様なソフトをがんばって配信してくれていたんだなぁと今回の記事を書いて思いましたし……Nintendo Switchでバーチャルコンソールが始まらないのも、分からんでもないなとちょっと思いました。



【アーケード】
<カプコン>
『1942』PS3・Xbox360で遊べる
『エグゼドエグゼス』PS3・Xbox360で遊べる
『戦場の狼』PS3・Xbox360で遊べる
『ソンソン』PS3・Xbox360で遊べる
『ブラックドラゴン』PS3・Xbox360で遊べる
『魔界村』PS3・Xbox360で遊べる
※ PS3・Xbox360へのリンクが開けない人はこちらからどうぞ

<セガ>
『ゴールデンアックス』 ※アーケード版の移植がPS3で遊べるほか、3作目までセット版がXbox360で遊べる
『SHINOBI 忍』Xbox360で遊べる
『獣王記』 ※3DSでメガドラ版ベースの「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、アーケード版はPS3Xbox360で遊べる
『スーパーハングオン』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、PS3でも遊べ、Xbox360では他作品とのセット版が出ている
『スペースハリアー』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てるほか、ゲームアーカイブスで配信されているソフトに収録されている
『ザクソン』
『ぷよぷよ』
『ぷよぷよ通』 ※3DSで「セガ3D復刻プロジェクト」版が出てる
『ワンダーボーイ モンスターランド』PS3と、他作品とのセット販売だけどXbox360で購入して遊べる

<タイトー>
『スペースインベーダー』

<D4エンタープライズ>
『いっき』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べるほか、プロジェクトEGGでも配信中
『上海』
『熱血硬派くにおくん』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べるほか、プロジェクトEGGでも配信中

<テクモ>
『アルゴスの戦士』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べる
『スターフォース』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べる
・『ソロモンの鍵』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べる
・『テクモボウル』
・『忍者龍剣伝』 ※ファミコン版は3DSWii Uで遊べる
『ボンジャック』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べる

<ハムスター>
『クレイジークライマー』※ PS4のアーケードアーカイブスで遊べる
『Mr.Do!』
『ムーンクレスタ』 ※PS4のアーケードアーカイブスで遊べる

<バンダイナムコゲームス>
『アサルト』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.4』がゲームアーカイブスで遊べる
『イシターの復活』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.4』がゲームアーカイブスで遊べる
『エメラルディア』
『オーダイン』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.4』がゲームアーカイブスで遊べる
『ギャラクシアン』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.3』がゲームアーカイブスで遊べるほか、Wii Uで遊べるGBA版『ナムコミュージアム』にも収録されている
『ギャラガ』Switch版『ナムコミュージアム』に収録されているほか、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.1』がゲームアーカイブスで遊べる上、PS3の『ナムコミュージアム.comm』と、Wii Uで遊べるGBA版『ナムコミュージアム』にも収録されている
『ギャプラス』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.2』がゲームアーカイブスで遊べる
『ギャラガ'88』 ※PCエンジン版はゲームアーカイブスで遊べるほか、Switch版『ナムコミュージアム』に収録
『グロブダー』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.2』がゲームアーカイブスで遊べる
『源平討魔伝』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.4』がゲームアーカイブスで遊べる
『コズモギャング・ザ・パズル』 ※スーファミ版はWii Uでも配信中
『コズモギャング・ザ・ビデオ』
『サイバースレッド』 ※PS版はゲームアーカイブスで遊べる
『スターブレード』 ※PS版はゲームアーカイブスで遊べる
『スカイキッド』 ※ファミコン版は3DSWii Uで遊べるほか、Switch版『ナムコミュージアム』に収録されている上、この作品が収録されている『ナムコミュージアム アンコール』がゲームアーカイブスで遊べる
『スプラッターハウス』 ※PCエンジン版がゲームアーカイブスで出ているほか、Switch版『ナムコミュージアム』にも収録
『ゼビウス』 Xbox360で遊べるほか、3DSでは3DSクラシックスで配信されており、ファミコン版ならWii Uでも配信されていて、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.2』がゲームアーカイブスで遊べるほか、PS3の『ナムコミュージアム.comm』に収録されている
『ソルバルウ』
『タンクフォース』Switch版『ナムコミュージアム』に収録
『超絶倫人ベラボーマン』
『ディグダグ』 ※ファミコン版なら3DSWii Uでも出ていて、アーケード版もSwitch版『ナムコミュージアム』に収録されているほか、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.3』がゲームアーカイブスで遊べる上、PS3の『ナムコミュージアム.comm』や、Wii Uで遊べるGBA版『ナムコミュージアム』にも収録されている
『ディグダグII』 ※ファミコン版はWii Uで出ている
『トイポップ』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.1』がゲームアーカイブスで遊べる
『ドラゴンスピリット』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.5』がゲームアーカイブスで遊べるほか、PS3の『ナムコミュージアム.comm』に収録されている
『ドラゴンセイバー』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムアンコール』がゲームアーカイブスで遊べる
『ドラゴンバスター』 ※ファミコン版は3DSWii Uでも遊べるほか、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.2』がゲームアーカイブスで遊べる
『ドルアーガの塔』 ※ファミコン版は3DSWii Uでも遊べ、Switch版『ナムコミュージアム』に収録されているほか、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.3』がゲームアーカイブスで遊べる
『ナックルヘッズ』
『ナムコクエスター』
『ニューマンアスレチックス』
『ニューラリーX』Xbox360で遊べるほか、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.1』がゲームアーカイブスで遊べる
『バーニングフォース』
『パックマニア』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.5』がゲームアーカイブスで遊べる
『バラデューク』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.5』がゲームアーカイブスで遊べる
『爆突機銃艇』
『ファイネストアワー』
『フェイスオフ』
『フェリオス』
『ボスコニアン』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.1』がゲームアーカイブスで遊べる
『ホッピングマッピー』
『マーベルランド』
『マッピー』 ※ファミコン版は3DSWii Uで遊べるほか、この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.2』がゲームアーカイブスで遊べる
『メルヘンメイズ』
『妖怪道中記』 ※ファミコン版はWii Uでも遊べる
『リブルラブル』
『ローリングサンダー』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムアンコール』がゲームアーカイブスで遊べるほか、Switch版『ナムコミュージアム』に収録
『ローリングサンダー2』Switch版『ナムコミュージアム』に収録
『ロンパーズ』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムアンコール』がゲームアーカイブスで遊べる
『ワルキューレの伝説』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムVOL.5』がゲームアーカイブスで遊べる
『ワンダーモモ』 ※この作品を収録した『ナムコミュージアムアンコール』がゲームアーカイブスで遊べる


 既に私は死んだ身ですが、来世の分の命を先取りして失うくらいに大変でした……
 まぁ、私は来世ではミジンコに生まれ変わる予定だったので、ミジンコの命なんて失ったところでどうでもいいとか言い出すと、人間だった頃も私の人生なんてミジンコほどの価値もなかったのだからさっさと死んで良かったななんて思うのですが。何の話だ。

 バーチャルコンソールでたくさん出ていたアーケードゲームですが、流石にここに出るような名作達は他所でもいろんな形で遊べるものが多いですね。

 そんな中、注意なのは「Wiiの体感操作」を使ってアーケードでの操作を再現しようとしたソフト達です。『スーパーハングオン』『スペースハリアー』『スターブレード』『ソルバルウ』『ナムコクエスター』あたりですかね。これらのソフトは体感操作のできないハードに移植すると操作方法が変わってしまうので、「Wiiリモコンを使った体感操作」が好きな人は確保しておいた方がイイかも知れません。

 また、『ナムコミュージアム』で私を何度も殺そうとしたナムコ勢ですが、1980年代中盤までの作品は様々な機種に移植されているのに対して、1980年代末期や1990年代のソフトは「Wiiのバーチャルコンソール」以外ではダウンロード購入できないものも結構あるんですね。「ナムコの作品は大抵移植されるだろう」なんて甘く見ていると、二度と遊べなくなってしまうかも知れません。


Wii本体 (シロ) (「Wiiリモコンジャケット」同梱) (RVL-S-WD) 【メーカー生産終了】Wii本体 (シロ) (「Wiiリモコンジャケット」同梱) (RVL-S-WD) 【メーカー生産終了】

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この記事を書いていて思ったのは、「一つのサービスの終了」は「一つの文化の終わり」なんだなぁということです。
 バーチャルコンソールに出ていたようなソフトはまたどこかで配信されるだろうとか、Nintendo Switchでも配信されるだろうみたいなことを言う人もいるんですけど……今回のリストに載っているソフトで赤い字の補足が全くないソフトというのは、「Wii Uのバーチャルコンソール」にも「ゲームアーカイブス」にも「昨今の機種への移植」にも「アーケードアーカイブス」にも「プロジェクトEGG」にも補足されていないソフトなので、またどこかで配信されるだろうなんて楽観的には私は思えないですね……

 そして、忘れてはいけないことは……
 「Wii Uのバーチャルコンソール」も「ゲームアーカイブス」も、現在もソフトを増やし続けている「アーケードアーカイブス」も「プロジェクトEGG」も、未来永劫続くサービスではないんですね。「ゲームアーカイブスで遊べるから安心だろう」なんて思っていたら、来月にあっさりとサービス終了してしまう可能性だってゼロではないのです。

 買えるときに買っておくことは心がけておかないとなりませんね。
 そうして積みゲーが増えていく!


 そして、もう一つ。
 これは難しいかも知れませんが……今現在閲覧できる「ソフトの公式ページ」は、配信終了しても「このソフトの配信は終了しました」の一文を載せて残しておいて欲しいなぁと思うのです。どんなマイナーなソフトであっても、任天堂のページは「攻略のアドバイス」なんかが載っていたり、セガのページは動画が載っていたり、読み応え&観応えがあって資料的な価値も高いと思うんですね。


WiiU/Wii用コントローラ『アーケードスティックU』WiiU/Wii用コントローラ『アーケードスティックU』

ゲームテック 2012-12-01
売り上げランキング : 41231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◇ 余談
 ここからは私個人の話。
 私に興味がない人は読まなくてイイですよ。面白い話は書きませんから。

 このリストを作ったのは、私が個人的に「買おうと思って買い逃していたソフト」を抽出する目的もありました。『イースI・II』『クロノトリガー』は「Wii Uのバーチャルコンソールで出たら買おう」と思っていたのですが、結局出ないまま今日まで来てしまいました。今の内に確保しておくべきか……

 その他、『たけしの挑戦状』『シムシティー』『風来のシレン』『メタルマックスリターンズ』『アトラス』『栄冠は君に』あたりも「いつか実況配信で挑戦したいなぁ」と考えていたのですが、このままじゃ購入できなくなってしまうので確保しておくべきか。しかし、SLGやRPGは1年に1本くらいしか挑戦できそうにないのだがががが。

 確保しておきたいと言えば、初代『ストリートファイター』の移植である『ファイティング・ストリート』や、自分にはクリアできるかアレだけど大傑作と評判の『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』辺りも後学のために抑えておきたいがががががががが。

 『イースI・II』はゲームアーカイブスで、『クロトリガー』や『たけしの挑戦状』はスマホ版で、まだ購入できるとも考えられるのですが……どうせ買うんだったら「Wiiのバーチャルコンソール」で買っておいて、1台のWii Uに集めたいという気もするんですよね。そして、任天堂がWii Uのサポートを打ち切ってから壊れて全ソフトが消滅というオチが見える!私にもオチが見えるぞ!!


 そう言えば、今回の記事では全く触れていませんが「Wiiウェアのソフト」はもっと深刻なんですよね。二度とダウンロード販売されそうにないものばかり。飯野さんの遺作となった『きみとぼくと立体。』や、そういやMiracle Kidzって今どうしてるのな『ダウンタウン熱血どっじぼーる』は確保しておかないと……KONAMIの『ReBirth』シリーズも評判イイんですけど、元をほとんど知らないシリーズだからどうするかなー。



 ということで……
 普段はあまりしないんですけど、こういう機会ですからやりましょうか。




 今回の「Wiiショッピングチャンネルの終了」で買えなくなってしまう「Wiiのバーチャルコンソール」および「Wiiウェア」のソフトの中からオススメのソフトを教えてください。

 新PC買うためにお金を節約している現状なので「オススメされたものは全部買う!」とは言いませんが……「1人2本まで」とさせていただきますか。「コレをやっていないなんてもったいない!」「コレを実況配信して欲しいです!」というソフトがあったら、購入できなくなる前にコメント欄で教えてください。

 自分の知らないソフト、自分の知らないジャンルに触れるイイ機会だと思いますしね。


※10月16日追記:
 Youtube Liveで「Wiiショッピングチャンネルの終了でダウンロード購入できなくなるゲーム」を、月に1回3本ずつ紹介する実況配信を始めました

| ゲーム雑記 | 17:49 | comments:35 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月の活動報告

 しばらく悩んでいましたが……決めました!
 10月からYoutube Liveで始める『俺の屍を越えてゆけ』の実況配信ですが、「毎日配信」をベースに行こうと思います。野球のクライマックスシリーズ(10/14~23)、日本シリーズ(10/28~11/5)、サッカー日本代表の試合(10/6、10/10)、キングオブコントの決勝(10/1)、その他私が観たい番組やら配信やらがある日はそちらを優先して休みますし、他にしたい配信がある時はそっちをすることもあるでしょうし、始めてから休む曜日とかを決めていくかも知れませんが……基本的には「毎日ペース」で行きます。「やる日」の告知は前日にブログでお知らせします。


 ぶっちゃけた話をすると、Youtube Liveでの配信なら「一人でゲームする」のも「実況配信する」のも私の労力としてはほとんど変わらないのです。

 昨年の3月からニコ生で様々なゲームに挑戦してきましたけど、RPGとかSLGみたいな時間のかかるジャンルはなかなか挑戦する余裕がなくて……唯一プレイした『ロマサガ』は週2回の配信で5ヶ月間かかりましたからね。それでもクリアタイム30時間くらいだったはずなので、RPGとしては長くないソフトだったんです。
 今後RPGやSLGを実況していくのなら、野球のオフシーズン限定で「毎日」ペースで配信するのもアリかなぁと思うんですね。このペースで上手くいくなら挑戦できるソフトの選択肢がグンと広がりますから。あくまでRPGやSLG限定なので、『俺屍』の次はまた週1配信に戻るかも知れませんが。




<2017年9月の購入金額>
2017-9-1.jpg

 新PC購入のため節約期間中です。
 メディアマーカーを始めたばかりの昨年の序盤に「1ヶ月に娯楽に使うお金は平均13000円だった」と書いたことがあったので、「本来使う額の13000円-実際に使った3007円=節約したお金9993円」と計算していって、この合計+既にPC用の予算として用意してある10万円とプラスして、購入価格に届いたら新PC購入に踏み切ろうと思います。

 狙っているモデルは16万円くらいなので、あと大体5万円くらいですかね。
 ヨユーですよ、ヨユー。来月から1円も使わなければ4ヶ月で貯まりますよ!




<2017年9月の購入本数>
◇ 本・雑誌(電子書籍も含む):4冊
 紙の本:0冊
 電子書籍:3冊
 電子書籍(無料の本):1冊

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):4本
 パッケージソフト(ダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:2本
 スマートデバイス用ゲーム:1本

 それでも新刊は発売されるし、新しいゲームは発売される……
 セールは極力スルーするようにしているのですが、応援のために買わなきゃいけない本やダウンロードゲームもあるので出費を0円にするのはなかなか難しいですね。



<2017年9月の読了数>
2017-9-2.jpg
◇ 本・漫画・雑誌(電子書籍も含む):27冊(再読7冊)
 紙の本:0冊(再読0冊)
 自炊した本:3冊(再読0冊)
 電子書籍:24冊(再読7冊)

◇ ゲーム(ダウンロードのゲームも含む):4本
 パッケージソフト(のダウンロード版含む):0本
 過去ソフトのデジタル販売(バーチャルコンソール等):1本
 ダウンロード専売のゲーム:3本
 スマートデバイス用ゲーム:0本

<積み電子書籍:漫画197冊、小説23冊、その他3冊
 → 積み電子書籍の合計は現在223冊です>
<積みゲー:Switchが1本、Wii U&Wiiが21本+6本、3DS&DSが14本+3本、PSが6本、PCが7本、アプリが3本→ 積みゲーの合計は現在61本です>


 節約期間中ということもあって、買うのは少ないけど読むペースは変わらないため「積み電子書籍」は前月の236冊から13冊減って223冊になりました。思ったより減っていない!
 ゲームに関しては、前月の61本から横ばいのまま61本でした。これが50本を切ったら福袋を買おうと思っているのだけど、一向に切りませんね……来月からは『俺屍』以外のゲームをやる時間がなくなるだろうし、ますます減りそうにない!YABAI!

 秋はNintendo Switchダウンロードソフトで面白そうなゲームが次々と発売予定で、どうなってしまうのだろうかこれは……



【今月のピックアップ】
天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~ (N-angou文庫)
天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~ (N-angou文庫)

 今月のピックアップは、KDPで発行されているミステリー小説『天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~』です。
 元々、著者がライトノベルレーベルの編集者が付いていた頃に書いた作品らしいのですが、そのまま世に出ることもなく眠らされていたところ、電子書籍として発売されることになったそうです。私は購入して読んだのですが、キンドルオーナーライブラリーやキンドルアンリミテッドでも読めるはずです。

 内容は……タイトルからも分かるように、『ドラクエ』風のRPG的な世界観の中で行われる推理小説です。
 魔王討伐のために、勇者は「法術師」「魔導師」「戦士」「格闘家」「鑑定士」「盗賊家」「魔物使い」と各職業のトップクラスの人間を1人ずつ世界中から呼び寄せて天空城に集めます。職業を『ドラクエ』風に分かりやすく言うと、「法術師=僧侶」「魔導師=魔法使い」「戦士」「格闘家=武闘家」「鑑定士=商人」「盗賊家=盗賊」「魔物使い」といったカンジで、それぞれの職業が装備できる武器防具や使える魔法は『ドラクエ3~5』あたりの職業をイメージすれば分かりやすいと思われます。

 しかし、勇者とともに魔王討伐の旅に出られるのは3人です。
 勇者以外の3人は選抜試験によって7人の中から「誰が勇者とともに魔王討伐の旅に出るのか」を選ばれるのですが―――その天空城において次々と事件が起こります。犯人は一体誰なのか。容疑者は「勇者」「法術師」「魔導師」「戦士」「格闘家」「鑑定士」「盗賊家」「魔物使い」のトップクラスと、そして一人の「使用人」。


 魔法が普通に使えるこの世界観において、容疑者をしぼりこむ物証は「装備制限」です。
 『ドラクエ』と同じように、この世界では「戦士はあらゆる武器を装備できる」が「格闘家=武闘家は武器を装備できない」といった決まりがあります。それを使い、「この傷は鋭いナイフで付けられたようだから、犯人はナイフや槍を装備できる職業の人だ!」といったようにしぼりこんでいくのです。

 普通の推理小説ではないその思考が楽しく、キャラクターも魅力的です。
 ブログによるとこの作品の続編も現在製作中だそうですし、同じ作者のキンドル本も何冊か出ているみたいなので全部読んでみようと思うくらいに面白かったです。『ドラクエ』と推理モノ、両方が好きな人にオススメです!



<2017年9月のブログ>
【創作】
「セックスしないと出られない部屋」というシチュエーションの面白さを語りたい

【アニメ】
自分が期待している2017年の秋アニメラインナップ
アニメ『プリンセス・プリンシパル』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

【ゲーム】
何故、人は「無課金」アピールをしてしまうのか
対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきか
『トガビトノセンリツ』紹介/ゲームの腕は要らない、必要なのは“覚悟”だ!
これから発売されるNintendo Switch用ダウンロードソフトをまとめました
これから発売されるかも知れないし、されないかも知れないNintendo Switch用ダウンロードソフトをまとめました
オンライン対戦の実装は本当に幸せなことなのか?

【ゲーム実況】
Nintendo Switchダウンロードソフト実況プレイ告知用の記事
ニコ生最終回の告知記事

【その他】
「好きなキャラが不幸になるラスト」に耐えられますか
「どうしてお姫様はさらわれるのか」問題と、「思ったよりお姫様さらわれないな」問題


 今月のTwitterでの告知ツイートの「RT数1位」はこちら。

 次に、「付いたコメント数1位」は――――
 対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきかでした。
 付いたコメント数は13。

 続いて、「はてなブックマーク数1位」は――――
 対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきかでした。
 付いたブックマーク数は27。

 そして、堂々のアクセス数1位は――――
 対戦ゲームのキャラの強さは均等であるべきかでしたっ!

 四冠達成。
 ということで……いい機会なので、長く続けてきた「今月のアクセス数トップ」の発表ですが今月を持って終了とします。

 集計方法を4つに分けることで面白いことが分かるかな?と思ったのですが、分かったのは「はてブが付く」か「Twitterでバズる」かしないとアクセス数は増えないという夢も希望もない現実で、「はてブが付く記事を書こう」「Twitterでバズる記事を書こう」を目指すと自然と“議論”を呼ぶ記事を書くことになって、“議論”を呼ぶ記事というのは基本的に「敵」を生むんですね。「味方」も生むかも知れませんが、私のことを憎んでそれ以降ずっと粘着して嫌がらせしてくるような「敵」も生むんです。

 私はもう、それに疲れました。
 アクセス数を調べると、アクセス数のために記事を書かなければと思ってしまうのだけど、そういう記事を書いても「味方」は見えずに「敵」ばかり目立つ―――この道を進み続けても私に得はないと今月は思い知ったので、もう辞めます。記事ごとに付けていたアクセス解析ももう付けません。


 今後は「敵」を作らない、みんなが喜ぶ記事を書いていけたらイイですね。
 日々の生活情報とか。



<2017年9月の創作活動報告>
・電子書籍用新作漫画番外編1、完成
・現在は電子書籍用の様々なページを作っています
・9月のカラー絵練習はiPad Proで描く練習でベアト描きました

 電子書籍はいよいよゴールが見えてきました。
 現在は「あとがき」とか「目次」とか「幕間のページ」とか「表紙」とかを作っている時間で、これが終わればいよいよ完成です!

 が、今回は「オンデマンド印刷版」も用意する予定なので、電子書籍版が完成しても発行するのはもうちょっと先になりそう。



 カラー絵練習は、背景を描くのを辞めてiPad Proから「素早くカラー絵を描く」練習にしました。「紙に鉛筆で描いて、ペン入れをして、消しゴムをかけて、PCにスキャンして、クリップスタジオで彩色する」というのが一番丁寧に仕上がるのですが、時間がベラボウにかかるので……本気の絵と、気軽に描けるラクガキとを分けて。普段はラクガキ、たまに本気の絵を描くくらいでちょうどイイのかなぁと思っています。

 来月はiPad Proだけで簡単な漫画でも描いてみるかなぁ。

| ひび雑記 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ『プリンセス・プリンシパル』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

 前回から「その季で一番気に入っていた作品」の一本だけに絞って書くと決めた「アニメ各話感想まとめ」、夏アニメで選んだのは『プリンセス・プリンシパル』です!このブログでも度々話題にしてきた作品ですからね。

 でも、今の率直な気持ちを言うと「書きたくねぇ……」です!(笑)
 コメントしづらいったらありゃしない!!


<ルール>
・1話から最終話までの感想ツイートを貼り付け
・“最終話まで観終わっている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に最終話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな


 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。

≫ 「続きを読む」

| アニメ雑記 | 17:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第1期ニコ生最終回、配信が終了しました

 今月をもってニコニコのプレミアム会員をやめるので(別に『けもフレ』は関係ないですよ!)、ニコニコ生放送もいったん終了とさせていただきます。まぁ、また戻ってくる可能性もゼロじゃないですけど……とりあえずは「第1期の終わり」ということで。円盤が売れたら2期があるかも知れませんね!円盤なんか出ねえけど!

 んで、どうせなら「最後」は「挑戦」とは関係なく、この1年半の思い出なんかを語りながらダラダラ実況しようかなーと思います。題して「ゲームが下手だった人は、1年半でゲームが上手くなったのか?」配信です。


ゲームが下手ながら実況プレイで『ゼルダの伝説』クリアしました!【跡地】
ゲームが下手ながら実況プレイで『スペランカー』クリアしました!【跡地】
ゲームが下手なので実況プレイでの『千年家族』挑戦はギブアップしました【跡地】
ゲーム下手ながら実況プレイで『ロマンシング サ・ガ』をクリアしました!【跡地】
ゲーム下手ながら実況プレイで『サイレントデバッガーズ』をクリアしました!【跡地】
ゲームが下手ながらニコ生で『スーパーマリオメーカー』の実況を行っていました【跡地】
日本一モテませんが『トゥルー・ラブストーリー』の実況プレイを行っていました【跡地】
ゲーム下手ながら実況プレイで『リンクの冒険』をクリアしました!【跡地】
ゲームも麻雀も下手ながら『THEギャル麻雀』をクリアしました!【跡地】
ダッシュ&壁キックなしの『Newスーパーマリオブラザーズ』をクリアしました!【跡地】


 こうして並べてみると、1年半で結構いろんなゲームをやってきましたね。
 つらかったのは、『ゼルダの伝説』のライクライク、『スペランカー』のコウモリのふん、『ロマサガ』のふぶき、『サイレントデデバッガーズ』最終日で「ボタン押しっぱなしだと早く歩ける」と気づいたこと、『マリオメーカー』のデンジャラストレイン、『リンクの冒険』で木をハンマーで伐採できると知らずに1日無駄にしたこと、『ギャル麻雀』の音ズレ、『Newマリオ』のカロンジャンプ辺りかなぁ……こうして振り返ると、思い出せるのはつらい思い出ばかりだ!(笑)



 ログはここから。









| ゲーム実況 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダッシュ&壁キックなしの『Newスーパーマリオブラザーズ』をクリアしました!【跡地】

【お知らせ】8月5日~9月23日の間に、ニコニコ生放送でゲーム実況プレイを行い、ダッシュ・壁キックなし『Newスーパーマリオブラザーズ』を最初から最後までプレイしました!

<ルール>
・「ダッシュ」は使わない
・「物を持って運ぶ」のも、「ダッシュ」と同様の操作なので使わない
・「ファイアーボール」は“速くなることでミスする可能性が高くなる”ワケではないのでOK
・ついでに、「壁キック」もアクションゲームが苦手な人には難しいと思うので使わない




【現在、登録されている効果音コマンド】
・888888
・あはははははは!
・えい
・えー
・おおおおおお
・おめでとうございます
・お金が足りないよ
・がんばりましょう
・すごいすごい
・ドラゴン
・ひらめいた
・ファンファーレ
・ブザー
・ブブー
・ブラボー
・ホイッスル
・黄色い声
・歓声
・残念でした
・心臓
・誰か助けて
・爆発
・万歳


 ニコニコ生放送中にこれらの文字をコメントで打つと特殊効果音が鳴ります。効果音は無料効果音で遊ぼう!さんや効果音ラボさんで配布されているものを使わせてもらっています。


 この記事は「『Newスーパーマリオブラザーズ』配信の告知用の記事」でした。

 ↓ログは格納しています。

New スーパーマリオブラザーズ [WiiUで遊べるニンテンドーDSソフト][オンラインコード]New スーパーマリオブラザーズ [WiiUで遊べるニンテンドーDSソフト][オンラインコード]

任天堂 2015-04-03
売り上げランキング : 22093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ログは格納しています

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オンライン対戦の実装は本当に幸せなことなのか?

 ファミコンの『くにおくん』シリーズが全部(+海外タイトル4つ)収録されて、全タイトルがオンライン対応になった『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』が2018年にNintendo Switch/PS4/Steam/Xbox Oneにて発売されると発表されました。



 私が一番気になっているのは「キーコンフィグが出来るかどうか」です。
 新作だったPS3の『ダウンタウン熱血行進曲~それゆけ大運動会~オールスタースペシャル』やPS4の『ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP』はキーコンフィグ出来たけど、移植作だった3DSの『くにおくん熱血コンプリート ファミコン編』では出来なかったらしいので……

 ファミコン時代の『くにおくん』シリーズは「AボタンとBボタンを同時押しでジャンプ」のゲームが多いのですが、ファミコンのAボタンとBボタンは横に並んでいるのに対して、スーファミ配置の4ボタンのコントローラはAボタンとBボタンが右上がりの斜めに並んでいるので同時押ししづらいんですね。
 『Newスーパーマリオブラザーズ』のように「AボタンとBボタン」か「BボタンとYボタン」に切り替えられるんだったらイイのですけど……

 あと、自分が買うとしたらNintendo Switch版になるでしょうから、おすそわけプレイをした際に左スティックでちゃんとダッシュ(方向キーを素早く二回押す)操作が出来るのかも気になりますね。



 自分の気になる点は置いといて……バーチャルコンソールのない「Nintendo Switch/PS4/Steam/Xbox One」で15作品が遊べるようになるというのは素晴らしいことだと思います。私は基本的に「過去に発売されたすべてのゲームが現在でも手軽に遊べるようになって欲しい」と考えていますからね。


 ただ、ちょっと思うのは「オンライン対応」がウリなところです。
 3DSの『くにおくん熱血コンプリート ファミコン編』から変わったところと言えば、「発売する機種がちがう」「海外タイトル4つが加わっている」「オンライン対応になった」ですから、このソフトが発表されたときの反響も「オンライン対戦できるんだ!」という声が多かったのですが……

 果たして本当に幸せなことなのか?って思うんですね。
 みんな、なんか「オンライン対応」を無条件に素晴らしいことだと考えすぎていませんか?って。



 3DSの『くにおくん熱血コンプリート ファミコン編』の初週売上を見ると、メディアクリエイト調べの4gamerさんの記事で「初週8266本」、アスキー・メディアワークス事業局調べの電撃さんの記事で「初週8300本」でした。
 翌週はどうか?というと、4gamerさんの記事でも電撃さんの記事でもランク外です。電撃さんの記事はトップ50の集計ですから、51位以下に下がったということなんですね。

 3DSという「国内で普及しきったハード」でコレですから、「Nintendo Switch/PS4/Steam/Xbox One」という4機種で発売した合計もそんなに変わらないんじゃないかと思いますし、仮に「オンライン対応」が魅力になって売り上げ倍増したとしても数万本くらいだと思います。

 もちろん数万本でも売り上げたら立派なことなんですけど、「オンライン対応」のことを考えるとシビアな現実が待っています。その数万本の売上が「Nintendo Switch/PS4/Steam/Xbox One」の4機種で分かれてしまって、「異なる機種同士での対戦が可能なクロスプレイ」に対応していなかったらオンラインに集まる人も分かれてしまいます。数万人どころか1機種あたり数千人くらいしかいなくなってしまうでしょう。

 更に更に!今回の『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』は収録タイトルが15タイトルもあります。どのソフトでオンライン対戦(または協力プレイ)をしたいかと考えると、その数千人を更に15タイトルで分けなければなりません。タイトルごとの人気・不人気もあるでしょうから、『熱血行進曲』はまだマッチングするけど『ホッケー』は全く人がいないみたいなことにもなるでしょう。

 「いやいや!国内の売上だけ見たらそうかも知れないけど、海外でも販売して世界中の人とオンライン対戦できるなら大丈夫でしょう」と思う人もいるかも知れません。海外の『くにおくん』人気がどれくらいなのかは分かりませんが、海外タイトルを収録しているというのも「オンライン対戦で世界中から人が集まればマッチングする人も増えるだろう」という目論見があるのでしょう。
 でも、海外タイトルが収録されているのなら海外の人はみんなそっちに集まるんじゃないかと思いますし、日本国内版と海外版の両方を収録したことでマッチングする人も分かれちゃうんじゃないかと思うのです。


 野良で人が集まらないなら友達とやればイイ―――という考えもありますが、今回の『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』は恐らく『くにおくん熱血コンプリート ファミコン編』と同じように5千円前後のパッケージソフト(ダウンロード版もあり)という形で販売されるのでしょうから。
 リアルな友達でも、オンラインでのフレンドでも、5千円出してこのソフトを買う人が何人いてくれるだろう……と思いますし。仮にこの記事を読んでくれたフレンドが「いやいや!やまなしさんがオンライン対戦やると言うなら僕も買いますよ!」と手を挙げてくれたとして、それが私を入れて4人ならばちょうど4人対戦が出来て幸せですが、5人だった時の「1人あぶれる」気まずさと言ったら!


 『Splatoon2』みたいな大人気ゲームだったら、発売から1年後でもオンラインで一緒に遊んでくれる相手に困らないと思いますが。
 こういう1機種あたり数千人しか買わないようなゲームは、発売後1ヶ月も経ったら「オンライン対戦やりたいのに誰ともマッチングしない」みたいな状態になっちゃうんじゃないかと不安です。だから、「オンライン対応」を無条件に素晴らしいことだと言う風潮に、私は疑問があるのです。





meku-ru1_201709222357215ec.jpg
<画像はNintendo Switchソフト『バトルスポーツ めく~る』より引用>

 今年の5月に発売されたNintendo Switch用ダウンロードソフト『バトルスポーツ めく~る』、発売日に買ってファーストインプレッション記事も書いたソフトなのですが……実はこのゲーム、無料アップデート第1弾が7月に、第2弾が8月に、第3弾が9月に行われるなど毎月どんどん機能やモードが追加されているんですね。

 ですが……オンライン対戦を遊びたくても全然マッチングしないのです。
 第3弾アップデートが9月20日に行われた直後の金曜日の夜でも、対戦相手がいないのです。

 ランダムマッチは10分待っても誰一人遭遇せず。
 新モードのクラスマッチは運良く一人遭遇したのですが、この人しかオンラインにいなかったのかずっと同じ人と20分くらい1vs.1で戦っていました。4人対戦が面白いゲームなのに!4人なんか揃わん!

 20分くらいクラスマッチをやって、そろそろ他の人とも対戦したいなーと思ってランダムマッチに戻ったらやっぱり人がいなくて、同じことを考えたのかさっきまでクラスマッチで1vs.1をやってた人がランダムマッチにもやってきてまた対戦したりなんかして。この世界にはもう私達2人しか残っていないのかな?なんて考えたほどです。

meku-ru2-2.jpg
<画像はNintendo Switchソフト『バトルスポーツ めく~る』のものを加工しました>

 ちなみに第3弾アップデートで追加されたクラスマッチは成績によって世界ランキングが表示されるのですが……20分のプレイで私は世界7位になっていました。私が20分1vs.1で戦っていた人は8位でした。あの対決は世界7位と世界8位の決戦だったのか……


 すっごい面白いゲームであっても、『Splatoon』みたいな人気作でなければ発売後4ヶ月も経ったらオンラインには誰もいなくなってしまいます。そのせいで、オンラインありきのゲームは、購入する前に「これ面白そう!」だけじゃなくて「オンラインに人がいるほど人気が出るかな?」を考えなくてはならず……売れるゲームが人気シリーズや話題作ばかりにどんどん偏っていくと思うんですね。

 ユーザーからすると、数ヶ月もすると誰ともマッチングしないモードが入っていて。
 メーカーからすると、数ヶ月もすると誰も遊んでくれなくなるモードを頑張って開発して。更に「あんまり売れそうにないから、すぐオンラインが過疎るだろうな」と買わない理由にされて。


 それでもみんな、「オンライン対応」を無条件に素晴らしいことだと言うのですか?
 その恩恵を受けるのは一握りの勝ち組・人気作だけじゃないのですか?




 また、オンライン対戦には、以前この記事に書いたオンライン対戦を実装すると「バランス調整」で評価のすべてが決まってしまうという問題もあります。

 こないだNintendo Switchで出るかも知れないし出ないかも知れないダウンロードソフトの記事を書くために、たくさんのインディータイトルの評判を読んだのですが。

 例えば『Brawlout』という『スマブラ』風の対戦アクションゲームは、オンライン対戦を実装したせいでSteamアーリーアクセス版の感想が「人がいなくてマッチングしない」「アメリカと日本で対戦するとラグが酷い」「強いキャラが一人決まっているのでそのキャラ以外はいないも同然」といったカンジにオンライン対戦への不満ばかりになっていて。
 対照的に、『BackSlash』というレトログラフィックな対戦アクションゲームは、オンライン対戦がないので「とても面白いのでオンライン対戦に対応して欲しい」という前向きな要望ばかりになっていて。

 どっちを遊びたくなった?と訊かれたら、断然後者なワケですよ。

 ひょっとして、オンライン対戦って入れない方がゲームの評価が上がるんじゃないの??
 私としては「たくさんのキャラ」とか「たくさんの必殺技」をガンガン入れていってくれた方が嬉しいんですけど、オンライン対戦を入れるとどうしても「全部のキャラの強さが同等になるようにしなくてはならない」とバランス調整に労力がそそがれてて、キャラや技を安易に増やせなくなっていたりして――――それってゲームにとって幸せなことなのかなぁと思うのです。


 もちろん「それでもオンライン対戦で遊べるゲームを作るのが夢だったんだ!」という熱意で作られるゲームに「オンラインモードを入れるな!」なんて言いませんけど、今回の『くにおくん』シリーズのように元々友達同士でワイワイ遊べるオフライン専用ゲームだったものに後からオンラインプレイを加えることはそんなに歓迎することなのかなーと思うのです。


膣鏡 クスコー型 ステンレス LL 医療用ステンレス器具膣鏡 クスコー型 ステンレス LL 医療用ステンレス器具

フリッツメディコ
売り上げランキング : 59734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:56 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分が期待している2017年の秋アニメラインナップ

※ 9月24日:『ネト充のススメ』『お酒は夫婦になってから』『ブレンド・S』の紹介を追加しました。


 またこの時期になりましたよー。
 3ヶ月に1度、来月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップする記事です!アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その参考情報の一つになれればイイかなと思います。


 来季はとにかく「2期モノ」が豪華で、あんまり2期モノに興味がない自分でも『ラブライブ!サンシャイン!!』『結城友奈は勇者である』『3月のライオン』『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』と4本も2期モノを観る予定です。じ、時間がない……!

 そのせいか、来季から始まる「新アニメ」にはあまり注目が集まっていないみたいなんでガンガン推していこうというのがこの記事です。「2期モノを除くと来季は地味かなー」なんて思っていましたが、実際にリストアップしたら12本にもなってしまって……泣く泣く観る予定だった作品もあきらめて7本に絞りました。一体、誰が決めたんだこの「紹介できる作品は7本」というルール!

(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座
(関連記事:初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました
(関連記事:たくさんあるアニメ作品を「食わず嫌い」すること

 来季始まるアニメを全部網羅したいという人は、『脳とアニメーション』さんの一覧記事『あにめも』さんのアニメチェックのページを見ると分かりやすいと思います。




◇ 『宝石の国』
 <公式サイト
 <?????

【キンドル本】
宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス) 宝石の国(2) (アフタヌーンコミックス) 宝石の国(3) (アフタヌーンコミックス) 宝石の国(4) (アフタヌーンコミックス) 宝石の国(5) (アフタヌーンコミックス) 宝石の国(6) (アフタヌーンコミックス) 宝石の国(7) (アフタヌーンコミックス)

 漫画界の奇才:市川春子さん初の長編連載作品の3DCGアニメ化です。
 遠い未来、かつて存在した生物が「宝石」になった世界で、彼ら(彼女ら?)を装飾品としてさらいにやってくる“月人”との戦いを描いたアクションファンタジーです。すっげえ身も蓋もない表現にしてしまうと「宝石の擬人化」になるのかな……登場人物は、「フォスフォフィライト」「シンシャ」「ダイヤモンド」といったカンジに鉱物の名前となっています。ダイヤモンド以外は聞いたことない!

 市川さんの描く独特な世界を「漫画」以外で表現できるのかな……と思っていたのですが、アニメのスタッフも監督・キャラクターデザインが京極尚彦さん・西田亜沙子さんという初代『ラブライブ!』コンビで、キャストも主演の黒沢ともよさんをはじめとして人気の若手女性声優さんがズラリと、アニメとしても豪華スタッフ&豪華キャストによる作品となっていて注目です!
 



 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月7日より 毎週土曜 22:00~
 MBSでは10月7日より 毎週土曜 26:38~
 BS11では10月7日より 毎週土曜 23:00~
 AT-Xでは10月7日より 毎週土曜 21:30~


【紙の本】
宝石の国(1) (アフタヌーンKC) 宝石の国(2) (アフタヌーンKC) 宝石の国(3) (アフタヌーンKC) 宝石の国(4) (アフタヌーンKC) 宝石の国(5) (アフタヌーンKC) 宝石の国(6) (アフタヌーンKC) 宝石の国(7) (アフタヌーンKC)




◇ 『妹さえいればいい。』
 <公式サイト
 <男男女女男

【キンドル本】
妹さえいればいい。 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。4 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。5 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。6 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。7 (ガガガ文庫)

 原作は『僕は友達が少ない』の平坂読さんによるライトノベルで、20歳の売れっ子小説家を主人公にした作品です。
 妹が大好きで、妹がメインヒロインの作品ばかりを書き続けているのだけど、本人には妹がいなくて「何故オレには妹がいないのだ!」と叫ぶ主人公の周りに―――義理の弟や、後輩作家の女のコや、大学時代の同級生など個性豊かなキャラ達が集まってくるといったストーリーみたいですね。

 「何もないけど妹だけはいた」という『エロマンガ先生』と裏表みたいな設定ですね(笑)。
 キャラクターがすごく魅力的ですし、安心して楽しめる1本になるんじゃないかと2枠目に選びました。




 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月8日 毎週日曜 22:30~
 サンテレビでは10月8日 毎週日曜 24:30~
 KBS京都では10月8日 毎週日曜 23:00~
 BS11では10月10日 毎週火曜 24:00~
 AT-Xでは10月14日 毎週土曜 23:30~

【紙の本】
妹さえいればいい。 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。 4 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。 5 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。 6 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫) 妹さえいればいい。 8 (ガガガ文庫 ひ 4-8)




◇ 『クジラの子らは砂上に歌う』
 <公式サイト
 <男女男男女

【キンドル本】
クジラの子らは砂上に歌う 1 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 2 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 3 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 4 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 5 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 6 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 7 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 8 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 9 (ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 10 (ボニータ・コミックス)

 原作は秋田書店の少女漫画雑誌ミステリーボニータにて連載中の梅田阿比さんのハイ・ファンタジー漫画です。砂で覆われた世界に浮かぶ人口513人の巨大な漂泊船“泥クジラ”に住む、超能力を持つが故に短命な「印(シルシ)」と能力を持たない代わりに長命な「無印(むいん)」という2つの種族が、初めて“外の世界”の人に出会って始まるストーリーみたいです。

 なかなかに重厚な設定の作品で、楽しむにはカロリーが必要そうではあるのですが……監督が『四月は君の嘘』のイシグロキョウヘイさん、シリーズ構成が『SHIROBAKO』の横手美智子さん、キャラクターデザインが『たまゆら』『がっこうぐらし!』の飯塚晴子さんと、メインスタッフが私の好きな人達ばかりなので「これはチェックしなければなるまい!」と3枠目にしました。




 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月8日より毎週日曜 23:00~
 KBS京都では10月8日より毎週日曜 23:30~
 サンテレビでは10月8日より毎週日曜 25:00~
 BS11では10月10日より毎週火曜 24:30~

 Netflixでは10月8日より日本国内でのみ配信開始

【紙の本】
クジラの子らは砂上に歌う 1 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う 2 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う 3 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う(4)(ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う 5 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う 6 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う 7 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う 8 (ボニータコミックス) クジラの子らは砂上に歌う(9)(ボニータ・コミックス) クジラの子らは砂上に歌う(10)(ボニータ・コミックス)




◇ 『Just Because!』
 <公式サイト
 <男女男女女

 来季のオリジナル作品枠はこちらを選びました。
 『ソードアート・オンライン プログレッシブ』『月曜日のたわわ』で知られる比村奇石さんをキャラクター原案に迎えた、高校三年生の男女の恋愛模様を描いた青春アニメです。
 監督は『ガルパン』の各話演出などを担当されてきた小林敦さんが初めて監督を担い、やなぎなぎさんが主題歌だけでなく初の音楽プロデュースを手掛け、『ゲーマーズ!』で初めて30分アニメを手掛けたPINE JAMの初オリジナルアニメで、アニメ声優としてはキャリアのあまりない2人がメインを務めるなど―――スタッフ&キャストともにフレッシュな顔ぶれになっていると言えますね。

 高校三年生の冬、「なんとなく」で終わらせようと思っていた彼ら・彼女らの片想いが、主人公が4年ぶりにこの町に帰ってきたことで動き出す……といったストーリーだそうです。しかし、比村さんの描く女のコを見ると、つい「巨乳……ではないだと!?」と驚いてしまいますね(笑)




 放送日程は、
 AT-Xでは10月5日(木)21:00~
 TOKYO MXでは10月5日(木)23:30~
 テレビ神奈川では10月5日(木)25:00~
 MBSでは10月6日(金)26:55~
 BSフジでは10月10日(火)24:30~

【10月7日(土)23:00】
 abemaTV
【10月10日(火)12:00】
 dアニメストア
 FOD
【10月14日 正午より随時更新】
 ひかりTV(各話1週間無料)
 GyaO! (各話1週間無料)
 ニコニコ動画(各話1週間無料)
 バンダイチャンネル
 U-NEXT
 amazonプライム・ビデオ
 Hulu
 ビデオパス



◇ 『魔法使いの嫁』
 <公式サイト
 <女男男女女>

【キンドル本】
魔法使いの嫁 1 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 2 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 3 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 4 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 5 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 6 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 7 (コミックブレイド) 魔法使いの嫁 8 (コミックブレイド)

 原作は月刊コミックブレイド→ 月刊コミックガーデンと掲載誌を移して連載中のヤマザキコレさんによるファンタジー漫画です。
 舞台は現代のイギリス、生まれつきの特殊な力によって家族からも避けられてきた主人公:羽鳥智世が、闇のオークションでその身を買われたのは絶滅寸前の「本物の魔法使い」だった―――彼は智世を弟子、ゆくゆくは嫁とするために買ったのだった……というストーリーです。

 大ヒットコミックスのアニメ化を担当するのは、『進撃の巨人』や『鬼灯の冷徹(1期)』のWIT STUDIOです。
 「人外×少女」というキャッチコピーには自分にはピンと来なかったのですが、原作の大人気っぷりは気になっていましたし、WIT STUDIOの新作ですし、私はアニメから入ってみようと思います。PVにも映っているオークションのシーン、エロいですね!




 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月7日より毎週土曜25:30~
 MBSでは10月7日より毎週土曜27:38~
 AT-Xでは10月8日より毎週日曜21:00~
 テレビ愛知では10月9日より毎週月曜26:05~
 テレ玉では10月11日より毎週水曜23:00~
 チバテレでは10月11日より毎週水曜23:00~
 北海道放送では10月11日より毎週水曜26:26~
 BS11では10月11日より毎週水曜25:00~

 AbemaTVでは10月8日より毎週日曜23:00~
 FODでは10月9日より毎週月曜24:00~
 Amazonプライムビデオでは10月9日より毎週月曜24:00~
 dアニメストアでは10月10日より毎週火曜12:00~
 バンダイチャンネルでは10月10日より毎週火曜12:00~
 アニメイトチャンネルでは10月10日より毎週火曜12:00~
 TSUTAYA TVでは10月10日より毎週火曜12:00~
 HAPPY!動画では10月10日より毎週火曜12:00~
 U-NEXTでは10月10日より毎週火曜12:00~
 アニメ放題では10月10日より毎週火曜12:00~
 auビデオパスでは10月10日より毎週火曜24:00~
 J:COMオンデマンドメガパックでは10月10日より毎週火曜24:00~
 GYAO!では10月12日より毎週木曜24:00~
 ニコニコ生放送では10月12日より毎週木曜24:00~
 ニコニコチャンネルでは10月12日より毎週木曜24:30~

【紙の本】
魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 2 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 通常版 3 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 7 (BLADE COMICS) 魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS)




◇ 『少女終末旅行』
 <公式サイト
 <女女

【キンドル本】
少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス) 少女終末旅行 2巻 (バンチコミックス) 少女終末旅行 3巻 (バンチコミックス) 少女終末旅行 4巻 (バンチコミックス) 少女終末旅行 5巻 (バンチコミックス)

 今季の日常アニメ枠……にして良いのかなぁ(笑)。
 原作はwebサイト:くらげバンチにて連載中のつくみずさんの漫画です。人間の文明が崩壊して、人間はほぼ死に絶え、生き物もいなくなった世界で、少女二人が食糧を求めてひたすら旅をするというストーリーです。舞台となるのが“かつて人間が栄えていた廃墟”というのが魅力ですね。

 実は原作1巻が出たころにチラッと読んであまり私には合わなくてやめちゃったことがあったのですが、その頃と今では精神状態も好みも違いますし、その後の評判も聞いていますし、アニメになったらまた印象が変わるかも知れませんし……アニメ化のタイミングで再び触れてみようと思いました。
 アニメーション制作がWHITE FOX、シリーズ構成・脚本が筆安一幸さん、主演が水瀬いのりさんということで、実は『ご注文はうさぎですか?』案件なのですよね。なので、日常アニメ枠に選びました(笑)。




 放送日程は、
 AT-Xでは10月6日毎週金曜21時30分~
 TOKYO MXでは10月6日毎週金曜22時30分~
 テレビ愛知では10月7日毎週土曜26時50分~
 KBS京都では10月6日毎週金曜25時30分~
 サンテレビでは10月6日毎週金曜24時00分~
 TVQ九州放送では10月9日毎週月曜26時30分~
 BS11では10月6日毎週金曜23時00分~

【紙の本】
少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS) 少女終末旅行 2 (BUNCH COMICS) 少女終末旅行 3 (BUNCH COMICS) 少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS) 少女終末旅行 5 (BUNCH COMICS)




◇ 『アイドルマスター SideM』
 <公式サイト
 <男男男男男

 毎回7枠目は「自分一人だったら多分選ばなかったろうけど、ブログで紹介するからには話題性を考えても外せないし自分でも観てみよう」枠にしているので、今回は真っ先にコレを選びました!

 原作は2014年からサービス開始している、『THE IDOLM@STER』シリーズ初の男性アイドルをプロデュースするソーシャルゲームですね。基本的にはみんな新キャラですが、ゲーム『アイドルマスター2』やアニメ版『アイドルマスター』に登場したJupiterや、ニンテンドーDS用ソフト『THE IDOLM@STER Dearly Stars』に登場した秋月涼も登場します(アニメ版のPVには秋月涼は見当たりませんでしたが)。

 自分は男性アイドルに興味がないというよりも、ソーシャルゲーム自体を追いかけられないので原作ゲームはノーチェックだったんですけど、原作ゲームをやっていなくても単体のアニメとして『アイドルマスター』も『シンデレラガールズ』も面白かったのでこちらもアニメから入るのも手かなぁと思いました。
 PVを見れば分かるように『SideM』のキャラは「元○○」という前職をキャラ付けにしていることが多いので、その「元○○」のキャラがどうやってアイドルになっていくのかを描いてくれたら面白そうですしね。




 放送日程は、
 TOKYO MXでは2017年10月7日 土 23:30~
 BS11では2017年10月7日 土 23:30~
 群馬テレビでは2017年10月7日 土 23:30~
 とちぎテレビでは2017年10月7日 土 23:30~
 ABC朝日放送では2017年10月7日 土 26:29~
 メ~テレ(名古屋テレビ)では2017年10月7日 土 26:39~

 その前々週には特別番組『『アイドルマスター SideM』放送記念SP St@rting Ceremony』が、前週には前日譚『THE IDOLM@STER Prologue SideM -Episode of Jupiter-』が放送予定です。


 以上、7作品をチョイスしました。

 今回も他にオススメ作品があったら教えてください。
 ブログのコメント欄やTwitter等でオススメされた作品も追記で紹介していきます。ただ、数が多すぎると私の負担も大きくなっちゃうので、紹介するのはその中で「自分が観る気になったもの」に限らせていただきます。なので、気楽にオススメしてくださると助かります。


 それと、大事なお知らせ。
 来季から実験的に、新アニメが始まってから「1週目」「2週目」「3週目」と「その週に面白かったアニメを“ネタバレなし”で紹介する記事」を書く予定です。今日の記事はアニメを視聴せずにオススメしている記事ですが、それらの記事はアニメを実際に視聴してオススメしていく記事にしようと。

 「ネタバレ」の線引きは難しいところではあるんですけどね……
 極論を言っちゃうと「面白かった!」もネタバレになっちゃうので、そういう人は自力で面白いアニメを探してくださいとしか言えないのですが。
 面白かった作品を紹介していくだけでも注目度は上がるでしょうし、その記事で「インターネット配信で観られるのはこのサイトで何日まで」とお知らせすることも出来るでしょうし、新アニメが始まったというお祭りにもなるでしょうし。


 んで、その記事で紹介するのは「私が観て、その週に面白かったアニメ」なんで、今日の記事の7作品以外にも皆様からオススメしてもらった作品も入れる予定です。だからまぁ、繰り返しになりますが「他にオススメ作品があったら教えてください。」ということですね。

 それでは、よろしくお願いします。


 実際に視聴して自分が面白かった2017年の秋アニメ(第1週)
 実際に視聴して自分が面白かった2017年の秋アニメ(第2週)



--9月24日追記--
 ここからはコメント欄やTwitterなどでオススメされた作品を挙げていきます。
 私もとりあえず第1話は観てみようと思っています。



◆ 『ネト充のススメ』
 <公式サイト
 <女男男男

【紙の本】
ネト充のススメ 1 (MFC comicoシリーズ) ネト充のススメ2 (MFC comicoシリーズ)

 原作は漫画アプリcomicoにて連載中の黒曜燐さんの恋愛漫画です。
 現実世界からドロップアウトした三十歳の女性(CV.能登麻美子さん)が、ネットならイケメンになれるとオンラインゲームの中で爽やかイケメンとして生きてたくさんの人と出会っていくのだけど―――といったカンジに、「オンラインゲーム」と「現実世界」を並行して描いていく話みたいですね。

 PVを見ると大体どういう話か分かっちゃう気がするんですが……(笑)、主人公がオンラインゲームで出会った完璧少女リリィのCV.が上田麗奈さんなので観てみようと思います!最近、上しゃまの役どころが「正統派美少女」が多くて嬉しい。



 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月9日(月)25:40~
 読売テレビでは10月9日(月)26:29~




◆ 『お酒は夫婦になってから』
 <公式サイト
 <女男女女

【キンドル本】
お酒は夫婦になってから(1) (ビッグコミックス) お酒は夫婦になってから(2) (ビッグコミックス) お酒は夫婦になってから(3) (ビッグコミックス) お酒は夫婦になってから(4) (ビッグコミックス) お酒は夫婦になってから(5) (ビッグコミックス) お酒は夫婦になってから(6) (ビッグコミックス)

 原作は無料マンガサイト『やわらかスピリッツ』にて連載中のクリスタルな洋介さんによるコメディ漫画です。東京MXテレビの番組表を見ると、5分アニメの枠ですかねぇ。

 無口でクールで仕事の出来る28歳女性主人公が、実はお酒を飲むとデレデレして可愛くなるということを夫だけが知っているという―――夫婦がイチャイチャする作品ですね!こういう作品はハマるとニヤニヤが止まらないのだけど、微妙にズレると嫉妬で死にたくなるからどっちに転がることやら!



 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月3日(火)25:00~
 サンテレビでは10月3日(火)26:00~

 GYAO!では10月3日(火)25:00~


【紙の本】
お酒は夫婦になってから 1 (ビッグコミックススペシャル) お酒は夫婦になってから 2 (ビッグコミックススペシャル) お酒は夫婦になってから 3 (ビッグコミックススペシャル) お酒は夫婦になってから 4 (ビッグコミックススペシャル) お酒は夫婦になってから 5 (ビッグコミックススペシャル) お酒は夫婦になってから 6 (ビッグコミックススペシャル) お酒は夫婦になってから 7 (ビッグコミックススペシャル)




◆ 『ブレンド・S』
 <公式サイト
 <女女女女女

【キンドル本】
ブレンド・S 1巻 (まんがタイムKRコミックス) ブレンド・S 2巻 (まんがタイムKRコミックス) ブレンド・S 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

 原作はまんがタイムきららキャラットで連載中の中山幸さんによる4コマ漫画です。
 来季の「きららファミリー」枠ですね。

 バイトの面接に落ち続けた主人公の女のコが、ようやく働くことが出来るようになった喫茶店は従業員が「属性」を演じて接客するというお店で、主人公のコは「ドS」キャラを演じるようにリクエストされる―――といったストーリーだそうです。普通の作品のキャラ付けを、「属性を演じさせる」という形で行うのはメタ的ですねぇ。

 PVを観たところ「店長の男」にスポットが当たっていたので、百合以外に興味のない自分は「なんだよ、男いるのかよ」と7作品の中から外したのですが、一応メインは女のコ5人組なんですね。制作はA-1 Picturesで、放送枠を見ると『WORKING』辺りのポジションなのかな。とりあえず薦められたので1話は観てみます。




 放送日程は、
 TOKYO MXでは10月7日 毎週土曜24:30~
 とちぎテレビでは10月7日 毎週土曜24:30~
 群馬テレビでは10月7日 毎週土曜24:30~
 BS11では10月7日 毎週土曜24:30~
 関西テレビでは10月8日 毎週日曜25:55~
 テレビ愛知では10月10日 毎週火曜26:05~
 AT-Xでは10月9日 毎週月曜20:00~

  dアニメストアでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 ニコニコチャンネルでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 ニコニコ生放送では10月10日(火)より毎週火曜日 23:00~
 AbemaTVでは10月10日(火)より毎週火曜日 23:30~
 GYAOでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 dTVでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 バンダイチャンネルでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 Amazonビデオでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 ひかりTVでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 U-NEXTでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 SBMアニメ放題では10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~
 Video Marketでは10月10日(火)より毎週火曜日 12:00~

【紙の本】
ブレンド・S (1) (まんがタイムKRコミックス) ブレンド・S (2) (まんがタイムKRコミックス) ブレンド・S (3) (まんがタイムKRコミックス)

| アニメ雑記 | 10:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT